前へ
次へ

交通事故の事件を弁護士に依頼する利点

交通事故の事件を弁護士に対して相談することを通じて、メリットが手にはいります。
まず交通事故に関する損害賠償額が増すことがあげられます。
被害者にとって、どの位の賠償金が得られるのかということは関心事であるはずです。
協議のプロフェッショナルと言える弁護士に委託することで、賠償額の改善に希望が持てます。
また、保険会社より払われる保険金の基準は、自賠責、任意保険、裁判所の基準があります。
弁護士にお願いせずに被害者ひとりで相手の保険会社とダイレクトに取り交わしをする場合、相手の保険会社は自分の会社の任意保険の基準で賠償金額をはじき出すことになります。
保険会社の任意保険の基準に関しては、被害者の損害を最小限度フォローする自賠責基準より多少高いくらいで、必ずしも被害者の満足が行く額でないケースが少なくありません。
弁護士に対して委託すれば、裁判所基準で交渉に応じていただけるので、ダイレクトに交渉より手にできる慰謝料額の加算に希望が持てます。

Page Top