前へ
次へ

交通事故を防ぐポイントと座り方

車を運転する時には、もちろんシートに着席する事になります。
座る時の姿勢は、実は交通事故との密接な関連性があります。
車が衝突するのを防ぎたい時は、正しい姿勢で座るのが望ましいですが、そのポイントの1つは深さです。
シートには、なるべく深く座るよう心がけてみると良いでしょう。
意識すべきポイントは、お尻と背中です。
その2箇所は、シートにしっかり密着させる必要があります。
お尻がシートから離れている状態は少々危ないので、後側に付けるよう意識してみると良いでしょう。
なぜ離すのは好ましくないかというと、腰に負担がかかりやすくなってしまうからです。
交通事故を防ぐには、なるべく早くブレーキを踏む必要がありますが、姿勢が悪いと踏むタイミングが遅れてしまう事があります。
腰に大きな負担がかかってしまうと、ブレーキを踏みづらくなってしまい、他の車と衝突してしまうこともよくあります。
車の座席には、なるべく深く座るよう意識してみれば、トラブルも回避しやすくなります。

Page Top